関西おすすめの金運アップ神社7選!噂の人気パワースポットでお守りGET!

御金神社

関西には、京都を中心に神社や寺院がたくさんあります。

そこで、金運アップのご利益がある神社とお守りについて調べてみました。

金運アップにおすすめの神社は?

住吉大社

住吉大社

住吉大社(すみよしたいしゃ)は、全国に2300以上ある住吉神社の総本社です。

1800年以上前に、神功皇后が住吉大神を祀ったことがはじまりです。

住吉大神は海の神様ですが、イザナギノミコトが禊祓(みそぎはらえ)したときに現れたため、お祓いを司る神様でもあります。

関西の夏の風物詩、住吉祭は関西の町を清めるという意味もあり「おはらい」と呼ばれています。

関西の初詣で毎年、1番にぎわうのが住吉大社です。

関西の人には、初詣といえば「すみよっさん(住吉大社)」、商売繁盛には「はったつさん(初辰参り)」という習わしがあります。

初辰

はつたつとは月のはじめの辰の日のこと。

商売の“発達”にもかけて、この日に参拝すればいっそうご利益があります。

住吉大社にある「種貸社(たねかししゃ)、楠?社(なんくんしゃ)、浅沢社(あさざわしゃ)、大歳社(おおとししゃ)」。

この4社を順にお参りするのが「初辰参り」です。

住吉大社のお守り

初辰猫

小さな招き猫「初辰猫(はつたつねこ)」は楠?社の授与品です。

右手を上げているのは金運や商売繁盛、左手を上げているのは家内安全のご利益があります。

偶数月には右手を上げた猫、奇数月は左手を上げた猫を毎月集め、4年かけて48体揃うと「四十八辰」。

つまり、「始終発達」となって満願成就となります。

その証として、大きな招福猫と交換してもらえます。

アクセス

大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89

阪堺線「住吉鳥居前駅」から徒歩すぐ

http://www.sumiyoshitaisha.net/

六波羅蜜寺

六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)は、弁財天が祀られている寺院です。

境内には銭洗弁天もあり、お正月の七福神めぐりには大勢の人でにぎわいます。

お金を銭洗弁天の水で清めて、専用の袋にしまっておくと金運のご利益があります。

アクセス

京都市東山区五条通大和大路上ル東

京阪本線「五条駅」下車

六波羅蜜寺・大山弁財天

どちらも野宮神社の中にあります。

芸能上達にご利益があるのが白峰弁財天(しらみねべんざいてん)。

金運向上にご利益があるのが大山弁財天(おおやまべんざいてん)です。
目的に合わせてお参りしましょう。

お守りには、小ぶりのきんちゃくの形をした「財運守」と、芸上達のお守り「藝御守」があります。

アクセス

京都市右京区嵯峨野宮町1

JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」または京福嵐山本線「嵐山駅」下車

http://www.rokuhara.or.jp/

長建寺

長建寺(ちょうけんじ)は、伏見・中書島(ちゅうしょじま)にあり、「島の弁天さん」といわれ親しまれています。

ご本尊は弘法大師・空海が彫った8本の腕がある弁天様
(八臂弁財天)で、かつて豊臣秀吉も深く信仰していました。

ほかにめずらしい裸の弁天様
(裸形妙音天)や、人の頭に蛇の体をした宇賀神将などが祀られています。

長建寺のお守り

開運・安全御守

中に古銭が入っためずらしいお守りです。

「弁天さん柴おくれ、柴がいやなら銭おくれ」というはやし歌とともに親しまれています。

自動車・金庫用御守

宝貝に五輪塔をデザインしたキーホルダーのお守りです。

宝貝は、古くは通貨としても使われていました。

「貝」は開運に通じ、生命の根源ともいわれます。

大切な鍵はこのホルダーにつけましょう。

アクセス

京都市伏見区東柳町511

京阪本線「中書島駅」下車

松尾大社

松尾大社

松尾大社(まつのおたいしゃ)は、お酒の神様として全国の酒造家に信仰されています。

境内には山吹が多く植えられていることから「山吹のお社」としても有名です。

4月下旬から5月上旬にかけては、参道院内を流れる一ノ井川周辺は目も覚めるような黄金色に!

山吹は「弥満富貴(やまぶき)」につながるとして、お花にちなんだ金運上昇のお守りも授与してもらえます。

松尾大社のお守り

弥満富貴金運守

山吹色が華やかな、きんちゃくの形のお守り。

ストラップになっています。

山吹花守

金運アップのご利益があるお守りです。

ちりめん素材でできた山吹のモチーフがかわいいです。

アクセス

京都市西京区嵐山宮町3

阪急嵐山線「松尾駅」下車

http://www.matsunoo.or.jp/

御金神社

御金神社

御金神社(みかねじんじゃ)は、御池通から西洞院通を少し上がったところにある神社です。

金色に輝く鳥居は、とても存在感があります。

御金神社は、鉱山や鉱物の神様である金山毘古命(かなやまひこのみこと)が祀られています。

もともとは、刀剣や農耕器具をはじめとするあらゆる金属を守護する神様でした。

それが次第に、金銀銅といった通貨の御金守護が中心になりました。

最近では金運上昇をはじめ、資産運用や株価アップのご利益があるとして、京都のなかでも赤丸急上昇中のお社です。

御金神社のお守り

金運いちょう守

いちょうの形をしたちりめんのかわいいお守り。

いちょうは社殿の後ろにあり、神社のご神木です。

末広がりという縁起もかついでいます。

おたから小判

お財布などに入れておくと、金運のご利益があります。

金運ぎんなん守

ぎんなんの形のお守り。

殻が3つに分かれためずらしいデザインです。

アクセス

京都市中京区西洞院押小路下ル押西洞院町618

地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」下車

※社務所は土・日曜10~16時半の開設

金運アップ!おすすめ関西の神社まとめ

金運アップにおすすめの関西の神社について見てきました。

神社やお寺が多い京都は、お守りの種類もたくさんあります。

かわいいデザインのお守りは、つい集めたくなってしまいますよね。

そのうえご利益が込められていているんです。

関西の神社でお参りしたあとは、是非、お守りをチェックしておきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください