花粉症の症状まとめ!あなたのその痛み花粉症かも!

花粉症

鼻水鼻詰まり目のかゆみ……。花粉の季節になると憂鬱でたまらないという方も沢山いるのではないでしょうか。

今回は、そんな花粉症の意外な症状についてお話したいと思います!

花粉症がもたらす痛み

さて、冒頭でも書いた通り、花粉症の主な症状は目と鼻に現れます。

ですが、その二次的な症状として、「痛み」が発生する場合があります。

「花粉症で痛み?」あんまりイメージが湧きませんよね^^;

では、ひとつずつ見ていきましょう!

喉(のど)の痛み

まずは「喉」!!そう、風邪の症状でも分かるように、鼻と喉には密接な関係があります。

鼻づまりによる喉の痛み

花粉症

鼻が詰まって息がし辛いと、つい口で呼吸をしてしまいますよね。

この口呼吸、喉の乾燥の原因になります。

乾燥した喉は非常にデリケートで、唾を飲んだり飲み物を飲むだけでも少しずつ傷ついてしまいます。

また、鼻呼吸は、外から入ってくる空気を綺麗にし、湿気を含ませてくれるのですが、口呼吸の場合ダイレクトに空気を吸い込むことになります。

そうすると、傷つきやすい上に、ついた傷を悪化させるという悪循環に陥るのです^^;

喉の粘膜がもつアレルギー抗原による痛み

喉自身がアレルギー反応を起こす場合もあります。

鼻や目が痒くなるのは、その粘膜にアレルギー抗原があり、それが花粉に反応するからなのですが、喉の粘膜にも同じことが言えます。

鼻水による喉の痛み

花粉症

うっかり吹き出してしまい、口から飲んだ飲み物を鼻から出した経験がある方もいると思います。

喉の奥がツーンと痛くなりますよね^^;

それの逆バージョンで、鼻水が喉の後ろを通って喉に落ちるということがあります。

すると、喉の粘膜を傷つけてしまいます。

また、鼻水にはたくさんのアレルギー抗原が含まれていますので、それによりアレルギー反応を起こし、痛みが起こることもあります。

頭の痛み

花粉症

では次は頭の痛みについて見ていきましょう。

「喉は分かるけど頭痛!?」そう、花粉症は頭痛の原因にもなるのです。

鼻詰まりによる頭痛

花粉症によって引き起こされる鼻詰まりは、何かが詰まっているのではなく、鼻の中の粘膜が腫れ、狭まっている状態です。

そのため、取り込める酸素の量が減り、脳が軽い酸欠状態になります。すると、頭が重く感じたり痛みを感じる場合があります。

また、鼻詰まりが原因で睡眠不足になり、そこから頭痛が引き起こされることもあります。

鼻をかむことによる頭痛

花粉症

頻繁に鼻をかむことも、頭痛の原因になります。

鼻をかみ続けると、鼻の奥にある「副鼻腔」という部分や、耳と鼻を繋ぐ管が炎症を起こしてしまうことがあるのですが、鼻と脳は位置が近いため「頭が痛い」と脳が勘違いするのです。

鼻をかんだり、ぎゅっと体の筋肉を縮めるクシャミを繰り返すことで、肩こりがおこり、それが頭痛の原因になる場合もあります。

ヒスタミンによる頭痛

ヒスタミンとは、体の中で作られ、花粉を追い出そうとする化学物質なのですが、それも頭痛の原因になります。

ヒスタミンには血管を拡張する作用があり、拡張された血管が周囲の神経を刺激することで痛みが生じるのです。

また、花粉症によるストレスで自律神経が乱れると、同様に頭痛を引き起こすことがあります。

ちなみに、血管の拡張は偏頭痛の原因でもあるそうで……あのズキズキ響く嫌な痛みですね。

歯の痛み

花粉症

人間の体って複雑なんですね?^^;

でもさらに!不思議なことに、花粉症により歯の痛みを感じることもあるのです。

現在はアレルギー症状が出ていなくても、奥歯に痛みを感じたら、それ、花粉症のせいかもしれません。

鼻粘膜の炎症による歯の痛み

鼻粘膜が炎症を起こすと、上の奥歯に、虫歯のような痛みが起こることがあります。

鼻の両脇には、頭蓋骨に通じる上顎洞という空間があり、そこから奥歯の根っこの先に刺激が伝わってしまうんですね。

鼻詰まりによる歯の痛み

また、鼻詰まりで口呼吸になると、喉だけではなく口の中も乾燥します。

そうすると、普段より口内に菌が繁殖し、歯周病や虫歯になりやすくなります。

花粉症の薬は、唾液の分泌を抑えるものが多く、二重に乾燥し、口内環境が悪化しやすいのです。

 

花粉症による痛みには、花粉症の治療を!

花粉症

花粉症の症状は、目の痒み、鼻水、鼻詰まりにとどまらず、喉や頭、歯の痛みを引き起こすこともあるんですね。

辛いときは鎮静剤に頼りたくなりますが、その原因の大元を治療するのが一番の近道です。

花粉症の治療は、症状が出る前・出始めた頃が一番効果的だと言われています。

あとは規則正しい生活を送り、睡眠をしっかりとって、ストレスを溜め込まない!そうして免疫力を高めることと、

こまめに水分を取り喉の乾燥を防ぐことが大切です^ ^

もちろん痛みの原因が花粉症でない場合もありますので、「おかしい……」と思われたときはすぐお医者さんに相談してくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください