猫の目やには花粉症なの?気になる目やにの色と取り方

猫の目やに

獣医さんに連れてこられる猫のうち、一番多いのは目の病気だそうです。

大切な猫ちゃんの目を守るために、どんな病気があるのか知っておきましょう。

目やにの色で分かる猫の病気

目やにと言っても色々です。

健康な時でも、寝ている間に老廃物やゴミが涙と一緒に出てきます。

人間でも朝起きた時に目やにが出ていますよね?

ねこも同じ。

目頭に黒くポチっとついているのは、心配のない目やにです。

では心配な目やにとは?

  1. 白、又は黄色でベタベタした感じの目やに
  2. 濃い黄色、又は緑がかった目やに
  3. 大量の目やにで瞼が固まり、目が明かなくなってしまう
  4. 目やにだけでなく、涙で目がショボショボしている

以上のような目やにだったら、病気を疑いましょう。

 

白や黄色の目やには、ウイルスによる感染症が考えられます。

ヘルペスウイルスやクラミジア、俗にいう猫風邪ですね。

目やにの他に、くしゃみや鼻水が出ていないか観察してみましょう。

くしゃみ、鼻水が出ていないなら、結膜炎の可能性もあります。

 

色が濃くなったり量が増えたりするのは、感染症が重症化している時です。

感染症から肺炎を起こすこともあるので注意しましょう。

 

涙が多いのは、目に傷がついているか、花粉症の可能性があります。

片方の目から涙が出ている場合は、角膜などに傷がついているのかもしれません。

猫の目に傷がつく原因は結構たくさんあります。

猫同士のケンカ、家具にぶつかった、外歩きで草が目に入った、など。

 

両目から涙が出ているなら、花粉症などのアレルギーが考えられます。

猫が花粉症?と思われるでしょう。

でも、ペットの花粉症は近年増えているんです。

くしゃみ、鼻水が出るので、風邪と似ています。

他にかゆみを伴うので、体をこすりつけたり、ずっと目を気にしていたりします。

ひどくなると、毛が抜けて、あちこちハゲてしまう事もあります。

猫が病気にかかったら

猫の目やに

目やにだけでなく、体全体を観察しましょう。

  • 鼻水は出ていないか、逆に鼻が乾いていないか。
  • 食欲はどうか。
  • ぐったりしていないか。
  • 吐いたりしていないか。

多少具合が悪くても、食欲があって、遊ぶようなら心配はないでしょう。

様子を見て、症状がひどくなるようなら獣医さんにGOです。

 

上手な目やにの取り方

目やにがひどくなったら、目が開かなくなってしまうかも。

そうなる前にキレイにしてあげましょう。

ガーゼか化粧用のコットンをぬるま湯で湿らせて。

ウエットティッシュなら、ペット用の物を使いましょう。

人間用はアルコールや香料が含まれているので、ペットには刺激が強すぎます。

 

目頭から目尻に向かって優しく拭いてください。

ゴシゴシすると、目に傷がついてしまうかも。

乾いてこびりついた目やには、ふやかしながら何度か繰り返し拭きましょう。

 

猫ちゃんが嫌がったら、無理やりしない事。

一度やめて、時間を置いてから。

玩具やおやつでご機嫌を取りながら。

嫌がらないように工夫をしてやってみてください。

優しく何度も繰り返すうちに慣れてくれます。

一度イヤな思いをすると、ずっと警戒されてしまいますから。

ブラッシングや爪切りに慣れさせるコツと同じですね。

目薬の差し方・薬の飲ませ方

猫の目やに

獣医さんで診てもらったら、薬が処方されますね。

飲み薬も目薬もあるでしょう。

目薬が風邪薬になっているものもあります。

この目薬をさすのが至難のワザ。

猫はジッとしていてはくれません。

「怖くないからね」なんて言ったって、分る筈もなし。

 

まずはソファーや部屋の角に押し付けて、身動きができないようにします。

片手であごをおさえ、少し上を向かせます。

もう片方の手で目薬の容器を持ち、頭の後ろから近づけて素早くさしましょう。

視界に入る場所から目薬を近づけると、怖がってあばれるかも知れません。

 

飲み薬は餌に混ぜて食べさせるのが手っ取り早いのですが・・・。

賢い猫ちゃんは味や匂いの違いに気づいてしまうかもしれません。

固形の餌だと、薬だけよけて食べてしまうことも。

 

液体の薬なら、注射器のようなもので、喉の奥に注入できますね。

同じように、錠剤や粉薬も口の奥の方に押し込んで、注射器で水を注入します。

上手くいけばそのまま飲み込んでくれます。

 

ウエットタイプの餌をお団子にして、中に錠剤や粉薬を入れる方法もあります。

どの方法が良いか、猫ちゃんの様子を見て考えてあげてください。

 

いずれにせよ、怖い思いをさせたり、無理強いをしたりしない事。

「抵抗する元気があるなら大丈夫」くらいの余裕をもって接しましょう。

飼い主さんが目くじらを立てていると、余計な恐怖心を与えてしまいます。

 

病気の予防と普段からできるケア

猫の目やに

自分で目を傷つけることが無いよう、爪切りはマメにしましょう。

なるべくヤスリなどで角を取ってあげましょう。

 

猫の行動範囲に、危険なものがないかチェック。

猫と同じ目線になって、顔と同じ高さに釘が出ていないか、など調べましょう。

 

体、特に足の裏は清潔に。

時々ペット用のウエットティッシュなどで拭いてあげましょう。

ブラッシングも忘れずに。

 

花粉症の猫ちゃんには空気清浄機も効果的です。

 猫の目やにまとめ

当たり前の話ですが、猫は痛いとかつらいとか言えません。

飼い主さんが察してあげるしかありません。

目やには一番わかりやすい健康のバロメーターです。

しっかり観察してあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください