九州の金運アップ神社5選!おすすめ噂の人気スポットでお守りGET!

九州には神社をはじめ、パワースポットがたくさんあります。

そこで、金運アップのご利益がある九州の神社や、お守りについて調べてみました。

金運アップにおすすめの神社は?

太宰府天満宮

大宰府天満宮
太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)は、合格祈願で有名な「天神さま」の総本宮です。

学問の神様、菅原道真を祀っています。

道真は5歳で和歌を詠むなど、子どもの頃からすばらしい才能を発揮します。

政治の世界でも実力を買われ、右大臣に大抜擢されます。

ところが、左大臣・藤原時平の政略にはまり、大宰府へ左遷されることに。

道真は、左遷から2年後の903年にこの世を去りました。

905年には墓所の上に廟(びょう)が造られ、919年には勅命で社殿が建てられます。これが社(やしろ)のはじまりです。

いっぽう、京では道真の祟りと恐れられる急死や災害が続き、鎮魂のため北野天満宮が建てられました。

道真には「天満大自在天神」の神号が贈られ、天神信仰が広まりました。

太宰府天満宮のお守り

木彫りのうそ

木彫りのうそは、天神様の守護鳥といわれる鶯(うそ)を朴(ほう)の木でかたどったお守りです。

頭部は削りかけという技法で、何重にも丸くカールしています。

毎年1月7日の夜、九州で古くから伝わる「うそ替え神事」が行われます。

授与品の「木うそ」を持った人々が、注連縄で囲った斎場で「替えましょう、替えましょう」と呼びあいます。

そうして、木うそをお互いに交換するのです。

照明を落とした暗闇の中で、うそ替えは6回行われます。

なかには、特別に提供される純金製の「金うそ」に当たる幸運な人も!

うそ替えは、去年1年の「うそ」を、天神様の「まこと」の心に変えて幸運をもらうという神事です。

持ち帰った木うそは、災いを幸せに変える開運のお守りになります。

アクセス:福岡県太宰府市太宰府4-7-1

参考 太宰府天満宮太宰府天満宮 参考 御祈願・お守り ご送付のお申込み太宰府天満宮

霧島神宮

霧島神社

霧島神宮(きりしまじんぐう)は、6世紀に創建されたニニギノミコトを主祭神とする神社です。

約1400年の歴史があり、華やかな朱塗りの本殿や拝殿などが、国の重要文化財になっています。

 

毎年11月10日には「天孫降臨御神火祭(てんそんこうりんごじんかさい)」が古宮址で行われます。

これは、高千穂峰に降りるニニギノミコトの道しるべに火を燃やしたという故事が由来です。

ちなみに霧島神宮は、幕末の英雄・坂本龍馬も妻のお龍を連れてお参りしています。

境内には、春はしだれ桜、八重桜、ソメイヨシノなどが咲き誇ります。

初夏は社殿の朱色と背後の緑の山々のきれいなコントラストを見ることができます。

また、九州で指おりの紅葉スポットでもあります。

霧島神宮のお守り

九面守

宝物の九面(くめん)をモチーフにしたお守りです。

“工面”との語呂合わせで金運アップのご利益があります。

きりしま花まもり

ミヤマキリシマ(ツツジの種類)をあしらったお守りです。

あらゆる願いが叶うといわれています。

アクセス:鹿児島県霧島市霧島田口2608-1

参考 霧島神宮TOP霧島神宮

宗像大社

2017年7月、世界遺産にも登録されました。

宗像大社(むなかたたいしゃ)は、宗像大神を祀る全国6千余社の総本宮です。

宗像大社は、天照大神の子である3姉妹の神様を祀っています。

3姉妹の女神の名前は、田心姫神(たごりひめのかみ)、湍津姫神(たぎつひめのかみ)、 市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)。

田心姫神は沖津宮(おきつぐう)、湍津姫神は中津宮(なかつぐう)、市杵島姫神は辺津宮 (へつぐう)です。

この3宮の総称を「宗像大社」といいます。

創建は日本でも最古級の古さ。

宗像大神は、またの名を「道主貴(みちぬしのむち)」といいます。

これは、最高の道の神であることを表します。

導きの神、交通安全の神として、九州だけでなく日本中から多くの人が訪れています。

交通安全の祈願をすると、交通安全祈願授与品をもらえます。

3宮のご神水が入っているお守り(3色)などもあります。

アクセス:福岡県宗像市田島2331

参考 宗像大社宗像大社

宝当神社

宝当神社

宝当神社(ほうとうじんじゃ)は、宝くじ当選祈願のご祈祷がある神社です。

縁起の良い社名のとおり、参拝者のなかから宝くじ当選者が続々と出て有名になりました。

社殿の中には、宝くじが当たったお礼の手紙や当選くじのコピーなどが貼ってあります。

なかにはすごい高額当選者もいます。

宝当神社は、唐津湾に浮かぶ高島にあります

創建は天正13 (1586)年、島の領主野崎綱吉を祀る祠を建てたのがはじまりです。

お社を設立したあと、製塩業で島が潤ったことを綱吉様のおかげと信じるようになりました。

開運、金運にご利益がある場所として全国に広まりました。

お守りは、必当守金運守、昇龍祈願木札、勝利をつかむ守、雅守など。

いかにも開運や金運にご利益がありそうなお守りがいっぱいです。

アクセス:佐賀県唐津市高島523

参考 宝当神社トップ宝当神社 参考 お守りの紹介 ご遠方の方へ宝当神社

富来神社

富来神社(とみくじんじゃ)も、宝くじが当たると話題の神社です。

神殿の裏側にある門をくぐると「運玉開運唐獅子」の像があります。

この唐獅子の像が抱いている「運玉」を優しくなでると、金運がアップします。

また、富来港から富来神社を経由した文殊仙寺までの道のりを「開運ロードとみくじと」といいます。

この10 ㎞の山道を金運が授かるよう祈願しながら歩くと、ご利益が倍増するそうです。

お社を象徴する「運玉開運唐獅子」が描かれた絵馬や、開運や厄除け、家内安全を祈願したお札があります。

アクセス:大分県国東市国東町富来857

参考 宝くじ当選目指して~とみくじとうせんまいり国東市HP

金運アップ!おすすめ九州の神社まとめ

金運アップのご利益がある九州の神社や、お守りについて見てきました。

宗像大社をはじめ日本の神社やお寺は、今や国外からも注目を浴びています。

世界を魅了する理由には、遠い昔から受け継がれている歴史や伝統があります。

九州の神社めぐりをして、歴史を感じてみるのも素敵ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください