子供、子ども、こどもの違いと使い分けは?

運気アップ

「こども」という言葉を書く時、「子供」と書きますか?「子ども」と書きますか?

普段目にする、この二つの表記、どのような違いがあるのでしょう。

調べてみました。

「子供」という表記は差別的?

こども

「子供」「子ども」二つの表記について調べていると、「『子供』という表記は差別的」という考え方を見つけました。

今までそのように考えたことがなかったので、意外でした。

これには、「供」という漢字に原因があるようです。

「供」という漢字には、「お供(とも)する」「お供(そな)え物」と使うように、「従属」「隷属」という意味があります。

それが、「こども」の人権を軽視している、「こども」を物のように扱っているように感じる、という理由につながるのです。

しかし、実際は、もともと古くからあった「こども」という言葉に、後から「子供」という熟語を当て字にしただけのもので、「供」に特段に意味はない、というのが一般的な見解だそうです。

文部科学省が「子供」に統一を決定

子供

「こども」を表すのに、「子供」「子ども」二つの表記が使われていることについて、2013年、文部科学省が、ある決定を下しました。

それは「省内の公用文章の『こども』の表記を、漢字書きの『子供』に統一する」というものです。

それまで、「子ども」「子供」二つの表記について様々な意見があり、特に「子供」という表記が差別的ではないのかという意見が見られたことについて、一つの見解を示したことになります。

この、文部科学省の決定では、「子供と表記しても、大人の『お供』というような意味にはならない」という判断も示されていました。

ただし、この決定は文部科学省内で使う公文書では「子供」としますよ、という決定ですので、「『こども』を『子供』と表記しなさい」という強制ではありません。

「子供」と「子ども」の違い?

こども

さて、ここまで見てくると、「子供」と「子ども」には、「『供』に差別的な意味を覚えるかどうか」という、漢字に対する考え方の違いがあることが分かります。

他にはどのような違いがあるのでしょうか。

まず、テレビや教育現場では「子ども」という表記が多く使われているようです。

これにはいくつか理由があります。

まず、漢字よりひらがなの方が、柔らかく優しいイメージがあるから。

そして、「こども=子」であり「ども」には意味がないから、漢字を当てるのはおかしい、という理由です。

そこまで深く考えて使い分ける人はあまりいないかも知れませんが、少なくとも、ひらがなが入った方が、なんとなく優しく、かわいらしく、「こどもらしい」イメージにはなりますね。

一方、公文書や新聞では「子供」という漢字の表記が多く使われています

これには、先ほどあった、文部科学省の決定が影響していると思われます。

また、文字数の制限があったり、文章の使用される場面などを考えて、漢字を使うことが多いようです。

「子供」「子ども」「こども」の違いと使い分け まとめ

「子供」と「子ども」の表記の違いには、「供」という漢字に対する考え方が影響していることが分かりました。

確かに「供」という漢字には、「従属」という意味があります。

しかし、「子供」と書いているからといって、「こども」に対して「大人に従うもの」という意味を持っている人はほとんどいないと思います。

あくまで、その表記の持つ雰囲気であったり、文章全体の流れ、その文書が何に使われるかという場面を考えて、使い分けることが大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください